0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは。Naotoです。

車を買いました。デリカ D:5です。

今乗ってる車はホンダ ストリームという車で13万km走ってます。

でも買ったデリカは14.2万kmの過走行車で、まさかの走行距が多い方を買うというw

結構デリカ D:5は人気車種で相場も高めです。(ランドクルーザーほどではありませんが)

クルマ好きなので、デリカの方はタイヤ交換・エンジンオイル交換・ラジエーター交換・ブーツ交換・スラッジの除去などなど自分で色々とやってみようかなと思っています。

で、まずは今乗っている車について話をしてみたいと思います。

【楽天Car車買取】

0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話|ストリームを所有した経緯

0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話をする前に、ホンダ ストリームに乗っている系を軽く説明したいと思います。

ちなみに元々マツダのプレマシーという車に乗っていました。

プレマシーに乗り始めた経緯

世の中にある車の中で、プレマシーもかなり大きい部類に入ります。

実は僕は楽器をやっており、その楽器の積み込みに必要だったので大きい車にしました。

で、問題はここからなのですが、実はこのプレマシーはボコボコになってしまうのです。

レンタカー事業を開始した

2021年に、僕はレンタカー事業を開業することになります。

ただ、このレンタカー事業は失敗してしまいました。

失敗の原因の一つとして、貸出をしていたこのプレマシーが、犯罪に使われてボコボコになって返ってきたからです。

そうして廃業が決まり、いくつかの車体を処分していたのですが、そのときに残したのがこのストリームという車体でした。

0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話|絶対に0円では手放したくなかった

0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れたのはめちゃくちゃ幸運だと思っていますが、絶対に0円では手放したくありませんでした。

その経緯について話をします。

ストリームの買取価格は0円だった

デリカを買いたい!そう思って何社かデリカを見て回りました。

3社ほど見て回り、デリカの現車確認をするのと同時にストリームの下取り価格を見てもらいました。

「結構年式も走行距離も行ってるのでお値段つけられないですね…」

と、3社とも言われました。

まあそんなもんだよなと思いつつも、絶対に0円では手放したくありませんでした…

その理由が、タイヤです。

タイヤはヨコハマタイヤの新品

僕がどうしても0円でストリームを手放したくなかった理由が、新品のヨコハマタイヤを履いていたからです。

コストコで買って装着してまだ半年くらいだったので、山はバリバリ残ってるし、クレジットの支払いも残っているので、なんとかそこは相殺したいなと。

というわけで中古車屋の買い取りではなく、極力オートオークションに近い買い取り方法を選択しようかなと…

というわけで今回は楽天カー買取を使わせていただきました。

0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話

結果的に0円と言われたストリームが75,000円で買い取りしてもらえました!

厳密には75,090円w

これはまじで業者が無料買い取りとかして、こうやってオークションに流してるんだろうな〜と思うとゾッとしますね。

オークションを見ていたのですが、その時の感想や注意点を書いていきたいと思います。

基本的に高そうな車体ばかりだった

楽天カー買取のオークションを見ていましたが、結構高そうな車体が多かったです。

例えば…

    • ハリアー
    • プリウス
    • ランドクルーザー
    • ベンツ Sクラス

    大体年式は2018年〜2022年あたりのが多い印象でした。

    「なんで手放すんだ?」と思いますが、そういう人たちもいるんでしょうね…

    軽自動車は基本売れてない

    僕の2008年式のストリームは、他のオークションの中でも年式は古いし走行距離も多いし時価額も高くありませんでした。

    ただ、軽自動車はもっとひどかったです。

    入札が0件だった車

    1. スバル ステラ 入札0
    2. ダイハツ ワゴンR 入札0

    と、古い型式の軽自動車は全く入札入っていませんでした。

    2022年式のN-BOXや、日産ルークスは結構入札入ってた気がします。

    やはり少しでもお金にしたいなら乗用車にしておくべきかなと。

    0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話|利用時の注意点

    0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れましたが、利用時の注意点を話しておきたいと思います。

    楽天側に手数料を支払う必要がある

    楽天Car買取を利用するときは、楽天側に手数料を支払う必要があります。

    公式サイトには2万円の手数料と書かれています。

    これは、車を査定する人が現地に来てもらった場合の金額です。

    セルフで出品すれば1万円で済みますので、僕はそちらを選びました。

    最低落札価格の設定

    今回僕は、タイヤ代金の残りが約5万円ほど…

    ただ、車体の最低落札価格は10万円に設定しました。

    このときオークションで、10万円以上の金額を入札されたら引き渡しは決定です。

    今回僕は7万円でしたので、僕が売るかどうかの権利を持っているわけですね!

    「このくらいの金額で売れたらいいなぁ」という気持ちがあるなら、高めに設定してみるのもありですね。

    0円引取と言われた車が楽天Car車買取で7万円で売れた話|まとめ

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    結論として、乗用車であればおそらく5万円以上では売れるのではないかと思います。

    もし中古車買取業者で0円と言われたら、一度楽天Car買取を利用してみるのもありかなと思います。

    希望金額に達しなかった場合はキャンセルもできますので、自分の車の市場価値を見てみるのもありかもしれません!

    【楽天Car車買取】