楽天銀行の法人口座で審査に落ちた原因を4つ分析

この記事はプロモーションが含まれています。

テーマ

楽天銀行の法人口座に落ちてしまった…
楽天銀行の法人口座に落ちてしまった原因は何だろう?

こういったテーマで解説していきます。

僕は、法人立ち上げすぐに担当の税理士にアドバイスを受けて、法人設立すぐでも開設しやすい法人口座を申請しました。

そのうちの一つが楽天銀行だったのですが、審査に落ちてしまいました。

なぜ審査に落ちたのかは、事実はわかりません。

ただ、きっとこれだろうな…というような理由が見えてきたので、今回はその紹介をしたいと思います。

オススメの法人口座

ちなみに現在僕が使っている銀行口座は、GMOあおぞらネット銀行です。

レンタカー屋を経営するために法人化し、口座開設の時に一番最初に開設してもらえました。

法人口座の中でもかなり審査通りやすく、無料で口座開設ができますので持っていて損は無いと思います!

【GMOあおぞらネット銀行】条件を満たせば最短即日口座開設!

低金利のビジネスローンもありますので、初月の売掛金で厳しいという方はGMOあおぞらネット銀行おすすめです。

楽天銀行の法人口座を申請して審査に落ちるまでの流れ

楽天銀行の法人口座を申請して、落ちるまでの流れはこんな感じでした。

口座開設に至るまでの経緯

  1. 法人登記(司法書士にやってもらった)
  2. 税理士に「融資を受けるのに法人口座が開設できなくて…」と相談
  3. 税理士から「法人1年目ならネット銀行の方が通りやすいですね」と言われる
  4. そのうち一つの楽天銀行の法人口座を申請する
  5. 楽天銀行の法人口座に落ちる

割と法人化してすぐに申請したのですが、審査に落ちてしまいました。

ちなみに楽天は、個人口座ですがいろんな支払いを楽天カードで払っているのである程度信頼があったのかなと思っていますが…

これとそれとは話が別のようです。

というわけで、じゃあ何に原因があったのかを解説していきたいと思います。

楽天銀行の法人口座で審査に落ちた原因を4つ分析してみた

楽天銀行の法人口座で審査落ちした理由を分析してみました。

基本的には銀行から落ちた理由は教えてくれないのですが、銀行によっては教えてくれるんですかね…?

ChatGPTが言ってましたが、基本的に信頼性の問題になってくるので教えてくれないと思ってはいます。

というわけで、僕の方でどんなことに原因があったのかを解説していきたいと思います。

事業の実態が見えてこない

楽天銀行の法人口座で審査落ちした理由として、事業の実態が見えてこないというのが上げられます。

楽天銀行に限らず、他の銀行でも落ちてる場合はここが問題になっているケースが多いのではないかなと思います。

僕がフランチャイズでレンタカー屋を経営したときは、申請書類としてフランチャイズ本部との契約書などを添付していました。

これでも事業の実態が見えてこないのかなーと悩みましたが、契約書などで実態ではなくビジネスの概要だけになってしまうのかなと思います。

見積書や請求書など、お金のやり取りが残るようなエビデンスがあったほうが事業の実態が見えてくるのかなと思いました。

楽天の個人口座やカードでやらかしてる

楽天銀行の法人口座で審査落ちした理由として、楽天の個人口座やカードでやらかしてしまっているパターンです。

これに関して僕は直近3年間はやらかしていないと思うのですが、使用している金額が多かったのかなと思いました。

返済はできているけど、事業として使うのは大丈夫かな?というように与信が通らなかったのかもしれません。

法人登記の場所が自宅やバーチャルオフィスになっている

楽天銀行の法人口座で審査に落ちた理由として、法人登記の場所が自宅やバーチャルオフィスになっていることが原因の一つかもしれません。

自宅の登記は問題ないのでは?

と思ってしまいがちですが、やはりオフィスや店舗を契約しているということがかなりアドバンテージになるのかなと思っています。

登記してしばらくしてから店舗を取得したのですが、そちらで登記していれば大丈夫だったかもしれません。

もしバーチャルオフィスを使って法人登記をしたいなら、冒頭に紹介したGMOがバーチャルオフィス法人口座もやってるので両方を使っていれば審査が通りやすいかもしれません。

資本金が少ない

楽天銀行の法人口座で落ちた理由として、資本金の少なさが挙げられます。

2006年から1円でも株式会社を作ることができるようになったので、あまりにも資本金が少ないと実態のない法人だと思われる可能性があります。

ちなみに僕の資本金は100万でしたが、落ちました。

どのくらい影響があるかはわかりませんが、資本金は多い方が審査に通りやすいかもしれません。

楽天銀行の法人口座の審査に落ちたあとの対策は?

楽天銀行の審査に落ちてしまって、再申請も数年後…

後の対策としてはどんなものがあるのかな?

法人口座は信頼性の高いものになるため、審査が厳しくなるため、やはり複数の銀行に申請しておくのが良いです。

ひとまず比較的に審査がゆるい法人口座を紹介します。

GMOあおぞらネット銀行で法人口座作成

楽天銀行の法人口座の審査に落ちる前に、GMOあおぞらネット銀行の法人口座の審査には通っていました。

結構GMOあおぞらネット銀行は法人化すぐでも作りやすい口座らしく、結構狙い目かなと思います。

文中にも書きましたが、バーチャルオフィスもやってるので登記場所にも困っているなら一石二鳥のサービスだと思います。

GMOあおぞらネット銀行は他の銀行と比較してどうなんだろう?という方向けに、ネットバンク3社と比較してみました。

JAバンク

楽天銀行の法人口座に落ちてしまったあと、GMOと併用して使っていたのがJAバンクの法人口座でした。

僕「法人の銀行口座って作れますか?」
窓口「ああ、作れますよ〜」

って感じですぐに作れました。

もはや審査もなかったのでそれはそれで大丈夫か?と思いますが、その日のうちに法人口座の獲得ができました。

とりあえずCIC情報を取得してみる

楽天銀行に落ちた後に、自分の与信に不安がある場合はCIC情報を取得してみましょう。

CIC情報は、直近3年分の金融関係に関する情報を管理している情報機関です。

1年前のこの年にやらかしてますねー!みたいな情報を得られます。

身に覚えがあるのであれば、一度CICを請求してみるのもありでしょう。

楽天銀行の法人口座で審査に落ちた原因を4つ分析してみたまとめ

楽天銀行の法人口座で審査に落ちた原因を4つ分析を最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後にこの記事をまとめさせていただきます。

PayPay銀行の法人口座で、審査に落ちてしまった4つの原因

  1. 事業の実態が見えてこない
  2. 楽天の個人口座やカードでやらかしてる
  3. 法人登記の場所が自宅やバーチャルオフィスになっている
  4. 資本金が少ない

楽天銀行の法人口座で審査に落ちてしまった後の対策

  • GMOあおぞらネット銀行で法人口座作成
  • JAバンクで法人口座作成
  • CIC情報を取得する

といった対応が良いかなと思います。

法人口座の作成は僕も苦労しました。

もし簡単に作りたいなら、是非GMOあおぞらネット銀行に一度申請してみてください。

【GMOあおぞらネット銀行】条件を満たせば最短即日口座開設!