会社員は家を買うべきだと思う5つの理由

この記事はプロモーションが含まれています。

テーマ

会社員でマイホームがほしいけど、調べるほどマイホームを買うのは辞めろと書かれてる…
マイホームは買わずに賃貸の法が良いのかな?

こんなテーマで書いていきたいと思います。

賃貸か購入か。

資本主義社会で生きてるなら絶対に結論が出ないですよね。

会社員の僕ですが、家が欲しいなと思っているのですが、賃貸に住んでいます。

なぜ僕は家が欲しいのか、しかしなぜ賃貸に住んでいるのか。

会社員の僕の状況を説明したうえで、あなたが本当に家を買うべきなのかを考えてみてください。

会社員の僕が「家が欲しいけど買わない」理由

会社員の僕が”家は欲しいけど買わない理由”を解説していきます。

前提として、僕が家が欲しい理由と、あなたが家が欲しい理由に共感性が無いとこの記事の意味が無いです。

例えば「将来土地を売って少しでもお金にしたい」と言う投資家気質な感じでもいいんですが、もう少し日常生活に夢がある理由です。

まず、家が欲しい理由からお話します。

家が欲しい理由

会社員の僕が「家が欲しい理由」からお話していきます。

私の趣味が車と楽器なのですが、やはり自宅があった方が何かと便利です。

車は洗車したり掃除したり、時にはオイル交換など自分でできる整備をしたいと考えています。

これは月極駐車場ではどうしても難しいです。

楽器は練習や撮影をしたいのですが、ドラムなので賃貸アパート・マンションなどでは無理です。

この二つの趣味をある程度生活に盛り込むには、家の購入は必須だと思っています。

家を買わない理由

会社員の僕が「家を買わない理由」についてお話します。

東京都に在住なのですが、今の職場と生活環境から買うなら今の家の近所が良いなと思っているのですが、バカ高いです。

6,000万~が割と普通なのですが、月々の返済金額がかなり負担になるからです。

あともう一つの理由が、将来は独立して田舎に引っ越したいなとも考えています。

自分は実家暮らしではないので、将来的には実家の土地を活用したり、今の仕事や生活以外の可能性を考えています。

この2つの理由から、僕は家を買っていません。

会社員は家を買うべきだと思う5つの理由

会社員は家を買うべきだ!僕はそう思っています。(じゃあ買えよって感じですが)

会社員は家を買うべきではないという意見が世の中には多数ありますので、そんな反対意見も交えて会社員は家を買うべきだと思う5つの理由を紹介します。

持ち家は資産にならないとかそんな話じゃない

実業家の方や投資家の方は、家を買うことを反対してる場合が多いですよね。

お金の大学の両さんも、賃貸に住むのが無難としています。(持ち家を全否定はしてません)

金持ち父さん貧乏父さんでも、持ち家を資産だと思っている人は危ないと言われています。

その話を信じて賃貸に住み続けている人も多いと思いますが、サラリーマンの身分からしたら、ローンの支払いも賃貸の支払いもどちらも支出ですよね。

どっちみち住まいのためにお金が減るなら、持ち出のローンでもアリだと思います。

賃貸の方が常に新しい環境に住み続けられるという意見

賃貸の方が古くなったら住み替えられる。
持ち家は常に価値が下がっていくし、新しくするにはリフォームとかしなきゃならない。

事実を並べるとその通りです。

でも、新しい環境を求めて数年に1回とか引っ越すの?
引っ越し費用30万~60万とかかかるんじゃない?

今の住まいの近くに、そんなに築浅物件あります?
僕の家の近くに築浅物件はありませんし、築年数が古い物件でも家賃高いです。

常に新しい設備で生きていく必要ってあるのでしょうか…?

使い慣れたマイホーム環境があれば、それ以上は望まないですよね。

賃貸は税金や修繕費を考える必要が無いとは言えないのでは

マイホームでは固定資産税や修繕費を積み立てておかなきゃならない…
その点賃貸は取られないから得!

というような主張がありますが…それ賃貸に全部含まれてるじゃん?と。

あなたがマンションのオーナーだったら「固定資産税や修繕費も高いな…そうだ!入居者から取っちゃえ!」となりませんか?

さらに、オーナーも利益を生み出していくことを考えると、入居者から余剰分のお金を取るしかないですよね。

そうなると結局賃貸ってオーナーの代わりにお金を払ってて、しかもオーナーの売り上げも上げてるとか考えると、マイホーム買った方がいいよなと思います。

しかも、会社員をやっている場合、住宅ローンの金利を一部控除することができるので、会社員をやってるなら家を買うメリットはあると言えます。

ライフワークバランスによって狭い家に引っ越しはなかなかしない

例えば一人暮らしをしている人であれば、小さい家や賃貸でもOKだと思います。

マイホームを考えてるということは、基本的に(僕みたいな趣味的な理由でない限り)家族や今後のことを考えての購入ですよね。

仮に賃貸マンション3LDKに住んでいて、子供が大学生・社会人になり、自分も60歳になったとします。

子供部屋が2,3部屋あったけどもう必要ない…

「我々だと3LDKは広いし2LDKくらいに引っ越そうか?」となるとしたら、もう子供が帰省してくるのって難しくなりませんか?

寝る部屋が無いから帰省拒否するしかありません。

自分の自宅が実家となる場合は、マイホームがあったほうがいいでしょう。

持ち家なら家賃の値上げなどの影響を受けない

持ち家なら家賃の値上げの影響等受けないです。

これはめちゃくちゃ大きいと思っていて、賃貸の場合だと所詮はオーナーの意向により値上げが行われますよね。

僕が今住んでいるマンションは、見学当初は9万円だったのに、契約する数日前に1万円値上げされました。

築35年とかでも1万値上げって強気すぎます…(入居したけどw)

それに対して、住宅ローンはローンの返済計画さえ立ててしまえば住宅費は一定額になります。

マイホーム購入の大きなメリットですね。

リノベ不動産の評判はどう?3社と比較してみた

この記事はプロモーションが含まれています。リノベ不動産の評判はどう?リノベ不動産のメリット・デメリットは?リノベ不動産と他社とではどう違うんだろう? こういった…

会社員でも家を買わないほうがいい人

会社員でも家を買わない方がいい人もいます。

僕は断然マイホーム購入派だったのですが、友人から「家を買うメリットが一切わからないわ…」と言われ、その原因をたどっていくといくつか理由が見えてきました。

そんな家を買わないほうがいい人も紹介していきます。

転勤がある人

会社員でも、転勤の可能性がある人は家を買わないほうがいいでしょう。

というのも、日本の悪しき習慣があり、家を買った人を転勤させると就職活動ができなくなり辞めにくいため地方に飛ばされるということがあります。

転勤の可能性がある人は、会社員でも家を買わない方がいいかもしれません。

家賃手当てがある人

会社員でも、家賃手当てがある人は家を買わないほうがいいかもしれません。

僕の友人はかなりの大手企業に勤めていて、1/3ほどの家賃手当てを貰っていました。

15万のマンションに10万に住むことができるというメリットがあるので、会社員でも家賃手当てがある人は家は買わないほうがいいかもしれません。

家賃手当てがある人は、逆に不動産投資をすることで、最終的に自分が住む家を手に入れることができそうですね。

収入から経費を差し引ける人

収入から経費を差し引ける人、すなわちフリーランスや起業家など、自分で確定申告・決算を行う側の人です。

持ち家反対派の人たちは大体この傾向が非常に高くて、結局膨大な収入があるからこそ経費として家賃を支払うことができています。

会社員という限定的な収入の中で、大きな割合を占める家賃を使うなら、住宅ローンの返済に回したほうがいいですが、経費を差し引ける人であれば賃貸のほうがいいかもしれません。

会社員は家を買うべきだと思う5つの理由|まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のまとめを書いておきます。

会社員の僕が「家が欲しいけど買わない」理由

  • 近所の土地の価格が高い
  • 将来は独立して東京から離れたいと思っている

会社員は家を買うべきだと思う理由

  • 持ち家は資産にならないという話を鵜呑みにしない
  • 賃貸は常に新しい環境に住めるけど、引っ越し費用がかさむ
  • 結局家賃の中に税金や修繕費が含まれている
  • 「ライフステージに合わせて広さを調整しよう!」←引っ越さない
  • 持ち家は家賃の値上げの影響を受けにくい

会社員でも家を買わないほうがいい人

  • 転勤族の人
  • 家賃手当てがある人
  • 収入から経費を差し引ける人

是非納得のいくマイホームを検討してみてください。